Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉
灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉 (JUGEMレビュー »)
石田 衣良
買って、その日に読んじゃいました。
IWBGシリーズ
期待を裏切らないおもしろさです。
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
シュタインズ・ゲート

疲れていたのか、昨日は夜11時には、寝てしまっていて、
今日は夜中の3時に起きてしまいました。
んで、寝付けなくなったので、あともう少しというところで、
とまっていた「シュタインズ・ゲート」を終わらせました。
一応、トゥルーエンドまでたどり着きました。

というか、トゥルーエンドを見て、やっとこのゲームというか
作品のおもしろさがわかった感じです。
やってる途中は正直そんなにおもしろいなとは思わなかったのですが、
トゥルーエンドまで見て、いろんな人がほめてる理由が良くわかりました。
おすすめです。

さて、次はどのゲームにとりかかろうか・・・

posted by: u16_表 雄一郎 | ゲーム・アニメ・本 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
モンスターハンター
モンスターハンターポータブル3rdの
HD Verを買いました。

当然、PSPの方では、がんがんやってたのですが・・・

大画面になったのと、数ヶ月ぶりにやったのと、
コントローラーが変わったので、結構バタバタしながらも、
新鮮な気持ちで楽しめました。

やはり、グラフィックが綺麗なのは良いですね・・・。

でも、アホドック・パーティというのが、いまいちよくわからんなぁ・・・

まあ、じっくり楽しみますわ。
posted by: u16_表 雄一郎 | ゲーム・アニメ・本 | 02:04 | comments(0) | trackbacks(0) |-
今更ながらも・・・ガンダムOO
 ガンダムOOの第一部を全部見た。
まぁ、そこそこおもしろかったが、
敵キャラが全体的に薄いな〜ってとこが、少し残念。
続くようだから、期待しながら、この勢いにのって、
二部を見てみよう。

一つビックリしたのは、
ソレスタルビーイングの共通言語が日本語だった事、
え?「なぜ、そんな事わかるんだ!」だって?

それは、
フェルトが書いた手紙の表紙に、
「ロックオンへ」って日本語で書いてあったじゃん!

それよりも、
GNドライブがあれば、エネルギー問題結構解決するのかも・・・
・・・GNドライブって、どういう仕組みなのだろうか?
posted by: u16_表 雄一郎 | ゲーム・アニメ・本 | 01:26 | comments(0) | trackbacks(0) |-
あのはな
 「あの日見た花の名前を僕は知らない」
1日ほど遅ればせながら、最終回を見ました。

最近は不思議なジャンルの話が多かった中。

ほんの、すこし不思議(SF)系の青春アニメでした。
良い感じに終わりました。中身は、感動、お涙ものの作品ですが・・・


本当に注目すべきは!!!
オープニングタイトルとエンディングタイトルです。
曲、映像ともに秀逸な作品でした。
作品の内容、世界観、各キャラクターの個性を表現しながら、
上手く、ストーリーにも絡めてきている。本当に心に残る秀作映像です。

いつか僕も、こんな心に響く、映像作品を作ってみたい物ですなぁ・・・
posted by: u16_表 雄一郎 | ゲーム・アニメ・本 | 02:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-
冤罪はこうして作られる
という本を読みました。タイトル通りの本でした。
片づけをしていたら、奥の方から出てきました。
いつ買ったのか、だれかにもらったのか、良く覚えていませんが、
興味のある内容でしたので、まあ良い機会と、さくっと読んでみました。
私の好きな作家の島田荘司さんが良くとりあげているので、多少の知識はありましたが・・・

冤罪ってホントに恐ろしい・・・
何の罪も無い人が、警察と検察と裁判所によって、犯罪者にされ、人生をだいなしにされる。
ひどい話です。
陪審員制度って、こういう冤罪を防ぐためにも考えられた制度なんですね・・・

今は、この本の内容とは少し事情が違ってきているのかもしれませんが・・・
(この本、1993年4月に第1刷発行で、ボクが読んだのも第1刷です)
もし、自分や自分の周りの大切な人たちがこんな目に遭ったらと思うとぞっとします。

まあ、無いとは思いますが、そんな万が一の時のためにも、こんな本をたまによまねばなぁと思いました。
冤罪

ということで、タイムリーなので、見てこようと思います。
「それでもボクはやっていない」
数ヶ月前に浜村淳さんが、ラジオで宣伝してたのを何となく聞いてて、興味をもっていました。結構人気があるそうで・・・
まあ、まずは単純に映画として楽しんでこようと思います。
posted by: u16_表 雄一郎 | ゲーム・アニメ・本 | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) |-
時間はどこで生まれるのか
結婚式から帰ってきました。

そして、難しいテーマ・・・「時間はどこで生まれるのか」・・・
って本を読みました(いきなり話題がとびましたね・・・)
時間は・・・
著書:橋元淳一郎
要するに、時間論の本です
多分、時間に関する論考のなかでも、比較的わかりやすく書いている本です。
でも、それでも面白かったり、よくわからなかったり・・・
なるほど、ミクロの世界では色や温度が存在しないのと同様、時間も存在しない
とか、相対論では時間が実数で空間が虚数であるとか、
反粒子は時間を逆行する粒子であるとか、
よくわからないが、よくわかった様な・・面白い本でした。
ので、理解を深めるために再度読みましょう!!
・・・・ていうか、神様のパズル(著者:機本伸司 映画化決定らしいです)を読んでから、物理の本が楽しくなりました。

ああそう、結婚式は良い感じでした。この前買ったシャツもこんな感じで・・・
シャツと僕
いい感じでしょ!!
(やっぱり、首まわりの花柄は着用すると見えませんね・・・
・・・でも、市松模様の素敵なシャツで、着心地もよし!!)
posted by: u16_表 雄一郎 | ゲーム・アニメ・本 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |-